キュウリの家庭菜園での育て方!

トップページ
  |

キュウリの家庭菜園での育て方!

メーカーの説明は、生産者への説明
あたりまえですが、メーカーはほとんど売上が生産者によるものだと思います。もちろん、開発も生産者のために行われていて、それを家庭菜園という近年始まったブームに流用していると思います。


そのため、生産者にとってはわかりやすく、ベストな栽培法が書いてあるのですが、家庭菜園をやっている人には必ずしもそれがいいとは限りません。

種苗メーカーの説明語句が分からない
これは多いと思います。初めて見ると最期まで読めないくらい分からないですし、「草勢が弱いので強めの管理をする。」、「極端な蒸し込み栽培は避ける。」などと言われても、いみわからないですよね。

このような言葉も知らなくてもいいですし、家庭菜園ではそのようなことを気にすることは必要ないかと思います。


家庭菜園向けの栽培方法を教えて!
生産者とは全てが異なります。環境、結果の善し悪し、手間暇のかけ具合、異なるものです。

たとえば、畑じゃなくて、庭だったら?プランターだったら?この時点で説明書きに記載されていることは当てはまらなくなります。

また、実が良果か不良果か?そういう規格で価格が決まるな市場へ出荷する人以外には関係ありませんよね?小さくても、まがっていても、全体の収穫量が多いほうがいいです。

手間暇の掛け方?これは勘違いしがちですが、逆です。家庭菜園のほうが1本のキュウリの株に対して、相当な気遣いと、思い入れを持って、ずっと、眺めたり写真にとったりして、ものすごく時間と愛情をかけて育てています。時間=カネで、手間を減らすことが収益につながる生産者とは全く逆になってきます。

このようなことで、キュウリ1つでも家庭菜園用のベストな栽培方法があるはずです。

例をあげれば、キュウリの摘心なんてなにも考える必要はない、というような条件でやっているのに一生懸命、きゅうりの摘心方法を調べて悩んでいる場合が多いことなどです。



ページのトップへ戻る

トマト 育て方ゴーヤー水耕栽培の自作装置ナス 育て方イチゴの育て方開花の時期熱帯魚の病気エビの飼育方法うさぎの飼い方堤防釣り、イワシの釣り方山林 売買 競売作例キュウリ 育て方混泳可能、飼い方